• ● エントリー
  • ● 募集要項
  • ● 先輩スタッフの声

リクルート

募集要項>>エントリーはこちら

事業内容 特養を中心に、短期入所、通所介護、訪問介護、グループホーム、ケアハウス、ケアプランセンター、在宅介護支援センター、社会貢献事業等の事業により、地域の安心と安全の拠点を目指します。
募集職種 1.ケアワーカー(スキルアップにより、相談援助・ケアマネ・企画運営等も経験できます。
2.生活相談員(施設・在宅どちらも)
資格等社会福祉士、介護福祉士、ヘルパー2級、初任者研修等
*無資格・未経験の方も気軽にご相談ください。
給与大卒:\192,000〜 短卒・専卒(介護福祉士):¥190,000〜
*経験者は、能力・経験を考慮します。
諸手当・
待遇
諸手当:住宅手当、通勤手当、家族手当、処遇改善手当
その他:役職手当、自動車通勤可、駐車場完備、退職金制度
休日休暇年間休日 105日
有給休暇 初年度12日(最大40日まで繰越、別途特別休暇あり)
就業先
事業所名
1.特別養護老人ホーム美野の里
2.デイサービスセンター美野の里
3.グループホーム美野の里
4.美野の里ヘルパーステーション
就業先
所在地・
最寄駅など
大阪府南河内郡太子町大字山田2550番地(1.2.3.4.とも)
近鉄南大阪線「喜志駅」下車、金剛バス 太子葉室循環線「御陵前」バス停より東へ徒歩10分
求める人物像 ご利用者の平穏な「今日」のために、いつでも・どこでも当たり前のことを当たり前にできる意識と行動力を持った方。

エントリー

現在、長生会ではスタッフを募集しています。
まずは下記エントリーフォームより、お気軽にご応募ください。


先輩スタッフの声

中井 隆善 特別養護老人ホーム
 

これが私の仕事です

 ご利用者との関わりや食事介助・入浴介助・排泄介助など基本的な業務になります。
また、ご利用者の様子観察を行い、いち早く変化に気付き看護師や管理栄養士と協力し支援にあたると共に、職員の体調にも気を遣い、声を掛けたり業務の指示をしています。

だからこの仕事が好きなんです

 ご利用者の介助をさせてもらった時にいただく、「ありがとう。」この一言でこの仕事についてよかったなと感じています。
「にいちゃん!にいちゃん!これやって。」となんでも声をかけて下さり、私を頼っていただけていること。それが一番うれしいです。
『感謝』です。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 学生時代に美野の里で、ボランティアをさせてもらっている時、ご利用者より「将来はここで働いてね。」と仰って頂いた事がきっかけでした。
『美野の里はご利用者の為に存在します。』この美野の里の経営理念にあるように、自分自身の存在をご利用者に求めていただけたことが、ここで仕事をしてみたいと言う意欲に繋がりました。

私のキャリア

 福祉系の大学を卒業後、ケアワーカーとして採用され、平成28年6月からは介護課の副主任に任命されました。
いつも笑顔をモットーに日々取り組んでいます。この笑顔でご利用者の皆様に笑顔になって頂きたい。そしてご利用者の笑顔を頂いて我々職員も一層の笑顔を返したい。まだまだご利用者からは、親しみを持って頂いているが、頼りなく思われているのではないかと感じています。特養の中心となって他の職員を引っ張って行きご利用者から安心して何でも任せていただける様にこれからもがんばりたいと思います。

これが私の仕事です

 私は特別養護老人ホームのケアワーカーをしています。私たちの仕事は、ご利用者の方が出来ないことをできるようにお手伝いすることです。
例えば、うまく食事を召し上がれない方へのお手伝いでは、食事を食べやすいように配膳させたもらったり、自分だけでは食事を食べこぼしてしまう方への介助、後片付けなど。お風呂やトイレなどでも日常生活のお手伝いをしています。

だからこの仕事が好きなんです

ただ何気なく、少しの事をお手伝いさせて頂いただけなのに「お姉ちゃんありがとう。」「助かったわ」と言っていただく一言。その一言が一番うれしく、わたしの[またがんばろう!]の原動力になります。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

美野の里は周りに自然があふれるところ。都会の騒音に悩まされることもなく、「のどか」な里です。
わたしは、こののどかさと、経営理念である「美野の里はご利用者の為に存在します」という言葉にひかれ、美野の里を選びました。

私のキャリア

平成28年6月からは介護課の副主任を任せていただくことになりました。
わたしは、毎日笑顔でご利用者に接することを心がけています。私たちがイライラしているとご利用者にも伝わってしまいます。そんな時は一息ついて、いつも笑顔でいられるように意識しています。

 
小島 夏希 特別養護老人ホーム
建石 幸 ホームヘルパー
 

これが私の仕事です

 訪問介護は、住み慣れたご自宅へホームヘルパーが訪問し、その生活を支えます。
家族・地域の中での人間関係や役割を保つことが出来るように、これまで生活をあきらめることなく続けてもらいたいと支援しています。
 サービス提供責任者として、訪問介護のサービスを希望されるご利用者のお宅へ訪問し、生活全般の状況や希望を伺い、ご利用者本人、そしてご家族とよく話し合うことが大切と考えています。その話し合いの中で内容の細部までをお互いに確認し合意が取れれば、サービスのスタートです。
 サービスを提供する担当のヘルパーとは訪問ごとにその内容・状況を確認し、さらに生活の質を高める方法はないか検討を続けます。

だからこの仕事が好きなんです

 ご利用者がお亡くなりになる事にもかかわることがあり、つらい時もたくさんありますが、「美野の里のヘルパーにきてもらってよかった。」とご利用者やご家族におっしゃっていただけることが一番うれしいです。これからもできる限りより添える介護を続けたいと思います。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 私自身が、利用者の家族として美野の里を利用していました。疲れていた私の心に寄り添ってくれたのが美野の里のスタッフの方々でした。そんな時、「私にも何かできることはないか?」と考えたとき、迷わず「美野の里で仕事をしたい!」と思い現在に至っています。

私のキャリア

 美野の里で訪問介護一筋に、もう13年目に入りました。
まだまだパワー全開で頑張ります。

これが私の仕事です

 介護が必要になってこられたご利用者・ご家族とサービスを結び付け、できる限り自立した生活を続けていただけるように支援しています。
 そしてサービスが始まれば、ご利用者・ご家族とサービス事業所の双方からよく話を伺い、さらによりよい生活をして頂くためにはどうすればいいのか常に検討しています。

だからこの仕事が好きなんです

 初めて介護サービスを利用した方なのですが、当初は表情も硬くなかなか心を開いていただくことが出来ませんでした。そんな中、訪問を繰り返し徐々に信頼して頂けるようになり、やっとご自身の思いを伺うことができてとてもうれしく感じました。自分がかかわらせていただくことで、ご利用者の生活状態が良い方向に変化されたときは、喜びを感じます。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 私は福祉の仕事を始めたときは別の事業所のデイサービスでした。仕事を続けるうちに、もっと多くの方とかかわり、もっと多くのサービスを知りたいと考えていた時に、この美野の里で求人していることを知り、応募しました。
 美野の里での経験の中で、特別養護老人ホームのケアワーカーをさせていただいているときに、施設で生活されている方の様々な思いに触れることができ、そのなかで私自身に何ができるのか、常に考える機会を与えていただくことが出来ました。
美野の里は、一人一人の職員がご利用者の事を考えかかわっていける場所です。これからも美野の里で働いていきたいと思っています。

私のキャリア

 デイサービスから始まり、通所リハ・グループホーム・特別養護老人ホーム・ケアプランセンターといろいろなサービスを経験してきました。福祉の仕事をさせていただくようになって、もう17年になりました。

 
西川 恵子 ケアマネージャー
金田 愛 グループホーム
 

これが私の仕事です

 グループホームのケアワーカーをしています。ご利用者と一緒に生活をし、できないところをさりげなくお手伝いしています。入浴や排泄レクリエーションを通してご利用者の心に寄り添い、毎日の生活を笑顔で過ごして頂けるように心掛けています。
 グループホームのご利用者は皆さん認知症をお持ちですが、「認知症だからできない」と考えるのではなく「たとえ認知症であってもこんなことも出来る」と考え、ご利用者と一緒に毎日、あんなことやこんなことに挑戦しています。

だからこの仕事が好きなんです

 ご利用者のお孫様の結婚式に一緒に参加させていただきました。
ご家族より「娘が結婚することになったの。」とお話しして頂く機会があり、「よし絶対に結婚式に行って頂こう。」と思ってはみたものの、車イスを使用される寝たきりの状態に近い方で、道中や式での体調など心配もありました。しかし、何とか参加して頂くことができ、その時にしか見られないご利用者の笑顔・ご家族の笑顔を一緒に感じることができ、ご利用者とご家族のきずなの強さ、そして幸せを感じることができました。
「やればできる。」私のやりたいに協力していただけた施設・職員に感謝です。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 自宅から近く、3人の子育てをしながら働くことができる場所は無いかと探していたところ、歩いて行けるところにある『美野の里』の面接を受けました。子どもの体調不良や学校行事の際にも配慮があり、協力してもらえるのですごく助かっています。今では、子供達もすっかり成長し、頼もしくなりました。
 みんなで協力し合い気持ち良く仕事ができています。

私のキャリア

 平成19年に、非常勤職員からスタートしました。その後、子育ても落ち着き(まだまだ奮闘中ですが...)契約職員を経て、現在は正職員として勤務しています。以前には、病院や特養を経験しています。

これが私の仕事です

 デイサービスのケアワーカーをしています。一日の仕事の流れを紹介すると、朝にご利用者のお宅に車でお迎えに行き、レクリエーションや機能訓練、昼食や入浴などを楽しんで頂き、夕方にご自宅へお送りしています。これは当たり前の仕事ですが、私はこの業務内容とは別に「信頼関係を築く」ことが何よりも大切な仕事だと考えています。
何をする時にもそこに「気持ち」が無ければ、ご利用者によいサービスは伝わらないと思います。『信頼関係を築く』事が私の仕事です。

だからこの仕事が好きなんです

 この仕事をしていると、ご利用者からの「ありがとう」や喜んで頂けている姿を見ると嬉しくなります。
 ある日、ご利用者から「この間のゲーム楽しかったわ」と声をかけて頂きました。このような声は時々かけて頂く事はありますが、その方は認知症のあるご利用者だったのです。認知症の方は、今したこと・今言ったことをすぐに忘れてしまわれることも多々あります。しかしその方は数日前に私が担当したゲームを覚えておられ、声をかけて下さったのです。私のしていることが認知症を予防したり、進行を緩和しているのかもしれない、こんな私でも誰かの力になれていると思うと嬉しくなりました。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 「家に近いから...」正直初めはこんな理由でした。しかし、面接で美野の里の明るさを知り、「ここでいいかな」から「ここがいい」と言う気持ちに変わりました。明るさと言うには二つあって、一つは施設の中の明るさ。デイルームはもちろん、各部屋から光が差し込み、施設内からも外の景色・季節を感じられます。自然に囲まれた美野の里ならではだと思います。もう一つは職員の明るさで、美野の里の職員心得にもありますが、「いつも笑顔で接します」このことがとても伝わりました。
 私は美野の里の「景色と人」が好きです。

私のキャリア

 平成21年2月より、非常勤職員からスタートしました。当初はご利用者の顔と名前を覚えられるだろうか、介護は未経験だけど大丈夫かなと不安でした。しかしそんな不安もいつも間にか消え、数か月後にはご利用者にも私を覚えて頂くことができ、今では教えられる立場から教える立場(未熟ですが...)となりました。「介護」を何も知らなかった私を美野の里はここまで育ててくれました。何年たってもまだまだ勉強中です。
これからも美野の里と共に成長していこうと思います。

 
藤原 麻衣子 デイサービスセンター
森脇 正樹 デイサービスセンター
 

これが私の仕事です

 デイサービスセンターで生活相談員をしています。病気や障害、生活状況など様々な理由によって日常生活を送ることが困難になった方の相談を受け、自宅で安定した生活が出来るよう、ケアマネージャーと連携して通所介護デイサービスの利用につなげていけるようサポートすることが私の役割です。
 生活相談員の役割は数多くありますが、何よりもニーズに沿ったサービス提供を行いご利用者やご家族と信頼関係を築いていく事が一番大切であると考えています。

だからこの仕事が好きなんです

 出来る事なら他人の世話になりたくない...
 誰もがそう願うはずです。
 最初は「デイサービスになんか行きたくない。」「家でじっとしている方が良い。」そう思っていた方に粘り強く働きかけ、利用いただく中で次第に良好な人間関係を築くことが出来るようになり、やがて自立に向けて前進していく姿に立ち会うことができた時は、何物にも代えがたい「喜び」「やりがい」を感じます。

美野の里を選んだ理由 ここが好きなんです!

 緑に囲まれた自然豊かな環境の下、施設内も解放感に包まれていてご利用者にとっても職員にとっても、とても過ごしやすい空間であると感じました。また、“失敗を恐れずに新しいことにどんどんチャレンジさせて貰える”と言うところも大きな魅力でした。
 積極的な行動をしたうえでの失敗は、逆に評価アップ!
 だからこそ、思い切りよく新しいことが出来て職員のやりがいに繋がって行くのです。
このようにソフト面もハード面も柔軟で開放的なところにひかれて入職を決めました。

私のキャリア

 特養やデイサービスで介護職や生活相談員を経験し、その後はケアマネージャーの仕事もさせていただきました。また、ケアハウス・在宅介護支援センター・社会貢献事業なども経験させてもらうことが出来ました。これらの仕事を通じて色々な経験を積み重ねていく毎に、この仕事の奥深さを実感することが出来ました。
 まだまだ知らないことだらけですが、これからも福祉の視野を広げていきたいと思います。


エントリー

現在、長生会ではスタッフを募集しています。
まずは下記エントリーフォームより、お気軽にご応募ください。